オンライン上で商談が出来るシステムbellFace(ベルフェイス)

皆さんは法人向け営業に特化したオンライン商談システム「bellFace(ベルフェイス)」をご存知でしょうか?

出張費がかさむので近隣の顧客にしかアプローチ出来ない🙅
人員も工数も足りない🙅
・見込みの低い顧客にかける移動時間が無駄になる🙅
・営業メンバーによってトークや受注率に差がある🙅

などの営業やビジネスで悩みを抱えている方向けのオンライン商談システムです。
そこで今回は、当社でも導入体制を整えております、bellFace(ベルフェイス)について、メリットとどのように活用しているかをご紹介したいと思います。

bellFaceで営業リードタイムの短縮

まず、実際にbellFace(ベルフェイス)を活用してお客様との打ち合わせをおこなっている弊社営業スタッフに話を聞いてみました。

営業マンの活用メリットについて

実際に活用してみて非常に便利です。
訪問になると来週か再来週等での時間調整が必要ですが、bellFace(ベルフェイス)を利用することにより今からPCを使って説明させてください等のスピード折衝が出来てます。
最近では相手からのアンケートでも高評価を頂いたり、非常にわかりやすかったとのコメントも頂いております。
ネックはネット環境に左右されやすいことぐらいです。

どのように活用しているかというと、問い合わせがあった際に電話してベルフェイスでの説明を話してます。
今から45分だけや、明日の朝30分だけ時間ください等早い対応が実施できています。
5名以上で話を聞きたい等はまだ対応しづらいのでそこを改善していければとは感じております。

✏営業リードタイムの短縮にも繋がり、
お客様側(接続先)は自席に座っているだけで
提案を受けられスムーズに打ち合わせが出来ます♪

bellFaceでお客様の「今、どうにかしたい」をスムーズに解決

弊社では営業スタッフだけではなく、社内スタッフでもお客様からのお問い合わせなどに活用しております。
実際に活用した際のメリットについて話を聞いてみました。

社内スタッフの活用メリットについて

画面共有のメリットは言うまでもないと思います。
お問い合わせ全般で一番のネックなのは「音声で視覚情報を相互に伝え合う」というものでした。

受話器越しに
「そんな難しそうな話を聞きたくて電話したんじゃないのに…
簡単に解決したいから電話したのに…」
と、お客様のげんなりした気持ちが伝わってくる瞬間があります。

お電話での問い合わせは、「今、どうにかしたい」というお客様からの問い合わせが基本です。
「今!」と思っている時に、「これです!」と提示できるのはbellFace(ベルフェイス)の大きなメリットです。

そこからの派生メリットとして挙げたいのが、お客様からの問い合わせのしやすさではないかと思います。
「些細なことでもお問い合わせください」と申し上げつつも、本当に些細なことではわざわざ問い合わせなどしない人の方が多いと思います。
このベルフェイスでのサービスは、初めて使う方には「え…どんな難しいことをしなくちゃいけないんだろう…」と思われるかもしれませんが、お客様にやっていただくことはほとんどありませんので、時報感覚でご利用していただいて、弊社のサービスの品質や満足度の向上につなげていければと考えています。

✏「今、どうにかしたい」というお客様からの問い合わせに対して、
該当する資料やサンプルを提示しながら案内出来るのは大きなメリットですね!!

住宅関連業者様3つの活用方法について

bellFace(ベルフェイス)は住宅関連業者様では下記のような活用頂けるのではないでしょうか?

  • お客様と場所を選ばない打ち合わせ
  • 離れた場所からも、電話でしながら、PCにてお見積書や設計図を確認してもらう
  • 施工途中の物件の進捗状況をリアルタイムにお客様に報告

例えば、ご来店するのが難しいお客様とでもbellFace(ベルフェイス)でお見積書や設計図のご提案が出来たり、施工途中の物件の進捗状況をリアルタイムにお客様に報告出来たりと活用できると思います💪
ご興味のある方はぜひサイトをチェックして下さい!!

▶bellFace(ベルフェイス)公式サイト
▶bellFace(ベルフェイス)とは

住宅関連事業者さまの挑戦をアシストし、課題解決の為のご提案をいたします!!

リフォーム業総合サポート・住まいのシミュレーター開発・ウェブサイト制作・印刷物・住宅建材の卸など、住宅に関する事業支援をあらゆる角度からサポートいたします!
住宅関連事業に関するお悩み・ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。