『HPの常時SSL化』について改めて考える

以前、この記事の中(2018年9月に掲載)でご紹介をしました「HPの常時SSL化」に関して、
その後の動きや改めて知っておかないといけない重要ポイントをご紹介したいと思います。

常時SSL化を一言でいうと「HPのセキュリティ化」

SSL化をしていないHPは、お問い合わせページ等に書かれた「個人情報」が筒抜けの状態であり、
悪意を持った人たちから狙われると簡単にHP内の情報が盗み取られてしまいます。

また、以前ご紹介したときには、HPのURL(アドレス)横に表示される文字は”黒文字”で
「保護されていない通信」となっておりましたが、現在では、もう一段階進み個人情報を
入力する『お問い合わせフォーム』ページなどでは”赤文字”での警告表示に変化しております(※1)。

そうなった場合、せっかくHPからお問い合わせをしようとするお客様が居ても、
危険を感じてお問い合わせをする事自体を止めてしまう可能性が高くなってしまいます。

このような自体を回避する方法として、弊社ではHPの常時SSL化を推奨し、
お客様(※2)が希望されれば、実際に常時SSL化の手続きまで弊社でおこなっております。

今後は更に”警告表示”が厳しくなり、”早急なHPの常時SSL化”を促す流れが強まっていく事が予想されます。

※1.Google社が提供するブラウザ「Google Chrome」(現在国内シェア50%以上)の表示になります
※2.弊社で代理取得を行ったサーバー(GMOクラウド)をご利用されているお客様が対象になります

■常時SSL化の4つのメリット

1. セキュリティの向上

サイトの改ざんやなりすましの防止となる他、マルウェア対策、盗聴防止、Free Wi-Fiからの接続の
安全性確保などサイト全体のセキュリティ向上が図れます

2. 信頼性の向上

第三者機関のSSL認証局がSSLサーバ証明書を発行することで信頼性が証明されます

3. SEOで優遇される

Googleの検索エンジンを利用する際、常時SSL対応のサイトはSEO上有利になります
(※逆に導入が遅れると常時SSL化を行なった競合他社より相対的に検索順位が落ちる事もあります)

4. HTTP/2対応ブラウザで表示速度が向上

ブラウザの表示速度が圧倒的に速くなるというメリットがあります

5.アクセス解析の精度が向上する

HTTP、HTTPS両方のサイトのアクセス元が確認できるようになります

 

”常時SSL化が必要な理由”を改めてご紹介いたしました。
もしご自分の会社のHPがまだ常時SSL化をされていない場合は、この機会に社内で検討をされてみてはいかがでしょうか。
尚、気になる点やご不明な点等がございましたらお気軽に当社にご相談下さい。

【連絡先】株式会社リフィード クリエイティブデザイン部 (TEL:092-717-7010)